交通事故治療について

診療を受けているのに、痛みがおさまらない。
オオシマ整骨院は、そんな方のための最後の砦です。

レントゲンやMRIで異常がないと診断されたけれど、痛みがある。事故直後はなんともなかったのに、痛みが出てきた。保険会社とのやりとりがよくわからない。こうしたお悩みを持つ患者さまが多くいらっしゃいます。また、整形外科での治療を受けているのに、どうしても痛みがおさまらずご不安を抱えている場合もあると思います。こうしたお悩みをしっかり解決できるのがオオシマ整骨院です。

交通事故治療は、整骨院で治療可能です。

整骨院で交通事故治療を受けても、もちろん施術費や交通費を含めた自己負担は0円です。
転院もOK。治療を受けたい院は患者さまが自由にお選びできます。
保険会社とのやりとりにご不安がある場合には、お気軽にご相談ください。

整骨院で交通事故治療をうけるメリット

整形外科だけでなく、整骨院でも交通事故治療ができます。交通事故による怪我は骨に異常がなくても関節など軟部組織のずれや炎症の腫れなどが神経や血流、リンパの流れを阻害して症状を起こすことが多いため、骨の異常だけを診る整形外科では根本的な治療ができないことが多いのです。オオシマ整骨院は、そうした微妙なずれや炎症による腫れなどの治療を得意としています。

根本的な治療を行うので、安心です

交通事故による怪我はいったん痛みなどの症状が取れたと思っても、後から再発することがとても多いのです。そのため、症状の緩和だけでなく、その症状を引き起こしている原因を見極めて、根本的に治療することが重要になってきます。オオシマ整骨院では、完治を目標にじっくり治療を行っています。

おひとりおひとりに合わせた治療

同じむちうちでも、事故に遭われた時の姿勢や筋力、体質、日頃の運動量などによってダメージを受けた箇所や程度が変わってきます。オオシマ整骨院では、患者さまからしっかりお話をうかがって、状態をきめ細かく確認しながら症状やその原因を探っていきます。治療メニューはそれぞれの方に合わせたものをご提案し、ご希望に合わせてアレンジしていきます。治療方針が決まったら患者さまに施術内容をわかりやすくお伝えして、ご納得いただいてから治療の開始です。

自賠責保険とは

自賠責保険は、正式には「自動車損害賠償責任保険』というもので、交通事故の被害者へ、最低限の補償の確保を目的としたものです。被害者が泣き寝入りすることなく、最低限の補償を受けられるよう国が行っており、すべての自動車やバイクに加入が義務づけられています。

この自賠責保険は人身事故のみに適用されるもので、物損事故には適応されません。

自賠責保険の手続き ご来院から治療まで

事故発生時 警察と加害者の保険会社への連絡

特に警察への連絡は必ず行いましょう。これをしないと事故の証明ができなくなってしまう場合があります。
また、ご自身の加入されている保険会社にもご連絡ください。
できれば事故を目撃した方に連絡先をうかがっておくと、余計なトラブルを避けることができます。また、ドライブレコーダーがある場合には、上書きしないようにメモリを保管しておきましょう。

矢印

病院(整形外科)で診断書発行

整形外科など病院で診察を受けて、警察に提出するための診断書を発行してもらいます。骨折のようにレントゲンでわかるような異常があることも考えられますので、必ず診察を受けてください。事故直後はそのショックで痛みを感じにくいことがありますし、腫れによる圧迫などでは後から症状がでてきます。そのため、違和感のあるところをすべてしっかり医師に伝えて、診断書にそれが正しく記載されているかご確認してください。

矢印

警察への届け出

事故発生場所の所轄警察署に診断書を提出します。物損のみの交通事故として処理されてしまう恐れがあるので、必ず提出してください。

矢印

保険会社への連絡

加害者が加入している保険会社に連絡をします。当院での治療をお考えでしたら、その時に「オオシマ整骨院で治療を受ける」とお伝えください。もしこうしたやりとりにご不安がありましたら、保険会社への連絡前にご相談ください。

矢印

オオシマ整骨院にご連絡ください

ここでご連絡いただいたら、保険会社の方にオオシマ整骨院からも連絡をして治療がスタートします。

転院について

病院に通院しているけれど、よくならない。そんな時にはオオシマ整骨院に転院することをおすすめします。

完治までの治療をどこで受けるかは、基本的に患者さまが自由にお選びいただく権利を持っています。

病院での治療は何時間も待って数分の診察があり、流れ作業のように電気治療などを受けて、あとは痛み止めの飲み薬や湿布薬を受け取るだけというケースが多いようです。こうした治療ではなかなか根本的に治ることは望めません。

転院をお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

交通事故による怪我について

痛みだけでなく、しびれや吐き気、めまい、耳鳴りなどの症状があります。

むちうち症

交通事故による怪我で一番多いのは、むちうち症です。「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」とも呼ばれ、車の追突などによって首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷つき、症状が現れます。

首の筋肉や靭帯が損傷を受けた場合には、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きてきます。頚椎から出ている神経が圧迫された際には、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下という症状が現れます。また、後部交感神経の損傷や圧迫によって頭に行く血流が低下すると、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労などが出ることがあります。

こうしたむちうち症の症状は、骨に異常がなくても軟部組織などへのダメージで起こってきます。レントゲンでは異常がないのに症状がある場合がとても多いのです。

頚椎の周辺は太い血管や神経があって、リンパの流れも盛んな場所です。そのため、ほんの少しのずれや圧迫が大きな悪影響を与えてしまうのです。これをしっかり治しておかないと、かばっている他の部分が痛みだしたり、ずれが蓄積して深刻なトラブルに発展することもあります。

交通事故治療の最後の砦、オオシマ整骨院で根本的に治しましょう。

お問い合わせはこちらから
side_btn01_pcimg.png
スタッフ紹介 院内紹介 Q&A スタッフブログ オオシマ接骨院facebookページ メールでのお問い合わせはこちら 施術メニューと料金はこちら 整骨院ラポール