2012.06.08更新

こんばんは、段塚です。


今週からは膝関節に関わるケガをご紹介していきます。

まずは側副靭帯です。


内側と外側がにあり、関節の安定を図る役目をしています。


スポーツ外傷が多く、膝の内側又は外側が強く伸ばされる力がかかると痛めます


損傷が経度の場合は痛みも軽いが、靭帯の断裂を伴う損傷になると、強い痛みの他に関節の不安定性が明らかになります。 痛みの場所や、腫れ、痛めた原因を元に、側副靭帯の損傷を疑います。


その後、膝関節の横へのグラグラ感をみるテスト(側方動揺テスト)で検査をし、陽性であれば側副靭帯の損傷です。


先ほどスポーツ外傷が多いと言いましたが、横からの衝撃が膝にかかると痛めるので注意して下さい!


次週は処置を紹介します。今日は失礼します。
お問い合わせはこちらから
side_btn01_pcimg.png
スタッフ紹介 院内紹介 Q&A スタッフブログ オオシマ接骨院facebookページ メールでのお問い合わせはこちら 施術メニューと料金はこちら 整骨院ラポール