2012.06.09更新

こんにちは、角田です。


よく、風邪の引き始めには葛根湯が効くというのは有名ですよね!! ただ、風邪の引き初めに効くって言われても、引き始めという言葉ものすごい線引きが曖昧ですよね。


なので、葛根湯が有効である状態を説明していきますね!


前にも述べているように、風邪を引く時には寒邪というものによって引き起こされることが多く


この、寒邪というものの性質で凝結させるというものがあります。


要は、冷えると固まるという事で、水を冷やせば氷の様に固まったり、寒い所にいくと身体がこわばったりするあれです!


そのため寒邪に感受した場合に身体の表面が固まってしまうので、汗がでなくなります。


身体は熱いのに、汗がでないなんて事は体験した事ありませんか?


風邪の引き始めで、さむけや鼻水や咳、喉の痛み、発熱が出て来ているけど、汗をかいていない。その無汗の状態が葛根湯の効く時なのです!


ただ、それだけで機械的には決める事は出来ませんので、診断を専門家にしてもらう事をお勧めします。







お問い合わせはこちらから
side_btn01_pcimg.png
スタッフ紹介 院内紹介 Q&A スタッフブログ オオシマ接骨院facebookページ メールでのお問い合わせはこちら 施術メニューと料金はこちら 整骨院ラポール