2012.06.18更新

こんばんは!!川畑です。


前回から、低体温と高体温を綴っております。


前回は、低体温より高体温が、健康なんだということを書きました。


今回は、低体温に関することを書きたいと思います。

低体温になると血行も悪くなり、免疫力も低下し、


疲労やアレルギー、生活習慣病などの多くの病気にかかりやすい状態になります。


低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで、この場合、新陳代謝が活発ではありません。



体温が下がり、低体温になると、基礎代謝が低下するため、脂肪を燃焼しにくくなり、




太りやすくなるとも言います。



低体温がまねく病気については、また次回にしますね。



明日あたり、台風が近づいています。


外出する際は、気をつけてくださいね☆



それでは、川畑でした。



お問い合わせはこちらから
side_btn01_pcimg.png
スタッフ紹介 院内紹介 Q&A スタッフブログ オオシマ接骨院facebookページ メールでのお問い合わせはこちら 施術メニューと料金はこちら 整骨院ラポール