2012.06.25更新

こんばんは!!川畑です。


さて、さっそくですが今回は、



低体温がまねく病気についてです☆


低体温(35℃)だと、更年期障害、新陳代謝の低下による肌のくすみ、

自律神経失調症、生理不順などを招くことが考えられます。



肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現れてきます。

また、かぜ等のウイルスに感染すると、

通常は体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、



低体温では内臓の温度が上がりにくく、抵抗力が弱まり、かぜが治りにくくなります。





低体温だとかなり体に対するリスクが高いですよね。。




次回は原因について綴りたいと思います。



まだまだ梅雨ですが、体調管理に気をつけていきましょう☆




川畑でした。
お問い合わせはこちらから
side_btn01_pcimg.png
スタッフ紹介 院内紹介 Q&A スタッフブログ オオシマ接骨院facebookページ メールでのお問い合わせはこちら 施術メニューと料金はこちら 整骨院ラポール