2013.11.05更新

こんにちは!
川畑です✩

前回は肉離れの詳細を書きましたが、

今週はもし肉離れになってしまった場合はどうするかsign02です。



競技中や、そうでない場合もあると思いますが、


まず応急処置が必要となります。


この応急処置がその後の患部の状態に大きく影響しますsign01


応急処置とはsign02


まずスポーツ障害(肉離れや捻挫、挫傷)の応急処置の基本とも言える


RICE処置(ライスしょち)


適切に行っていく事が重要となります。




RICE処置とは、スポーツ障害全般の応急処置方法の基本として



非常に重要な処置方法となりますrun




ではRICE処置のRICEとは?


その処置方法の頭文字のイニシャルから名づけられており

●R = Rest(安静)
●I = Ice(アイシング)
●C = Compression(圧迫・固定)
●E = Elevation(挙上)




の処置を行う意味をもっております。



RICE処置は応急処置の大原則ともなっており、




肉離れのみならず様々なスポーツ性障害の



応急処置の基本となる治療法ですsecret




なので簡単に言いますと、ふくらはぎの肉離れですと



患部は動かさずに安静にし、すぐに患部を冷やしてください。


その時に足は少し上方にあげとくことも大切です。


怪我による症状の度合いにより、経過も様々になりますので、



その後は早急に整形外科、整骨院にて処置を行うことが必要となります。







次回は度合いやその後の流れを書きたいと思います。



くれぐれも怪我には注意してくださいね!





それでは今週も皆様も健康と笑顔をサポートします!




オオシマ整骨院

投稿者: オオシマ整骨院

お問い合わせはこちらから
side_btn01_pcimg.png
スタッフ紹介 院内紹介 Q&A スタッフブログ オオシマ接骨院facebookページ メールでのお問い合わせはこちら 施術メニューと料金はこちら 整骨院ラポール